東京都千代田区のオフィス移転|三幸ファシリティーズ TOP > オフィス移転をご検討の方へ

オフィス移転の手順とスケジュール

東京(千代田区、中央区、港区)でオフィス移転をお考えでしたら、三幸ファシリティーズがご満足のいくオフィス移転をお手伝いいたします。長年のオフィス移転業務で培ってきた多くのノウハウを持つ当社が、オフィス移転を検討中の方に役立つ情報をお届けします。

移転の手順

STEP 1 物件の情報収集と新オフィスの決定

移転先は移転目的を達成するオフィスであることが大前提となります。広さは現オフィスを目安にしますが、将来的な従業員増を見越した移転の場合、従業員一人当たりの専有面積は10.12m²を基準とします。これで、会議室や役員室、応接室なども考慮した広さが算出できます。

また、契約面積についてはあらかじめよく確認する必要があります。事前に不動産会社から資料や図面を取り寄せ、候補地を絞った段階で最終的には現地に赴き対象物件を見てオフィスを決定しましょう。

【オフィスビル選定時の確認事項】

  • 立地条件(周辺環境を含めて確認)
  • 建物グレードと賃貸条件が見合っているか
  • 主要交通機関
  • 駐車場の有無と周辺の駐車場状況
  • 室内の形及び天井の高さ
  • ビルの使用時間、空調時間、時間外使用料金等
  • 電気容量とその拡張性
  • 床配線方式
  • 光ケーブル設置の可否や電話回線数の拡張性
  • 他テナントの状況

三幸ファシリティーズでは、物件選びのサポートをさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

STEP 2 各種手配・庶務手続き

オフィスを移転する際には、各種手配・庶務手続きが必要になります。

【移転時の手配・手続き例】

  • 引越見積依頼
  • 電話回線の移転
  • インターネット接続手続き
  • オフィス設備機器手配
  • 郵便物の転送手続き
  • 移転挨拶状の手配
  • 社内印刷物の作成
  • 取引業者への連絡 など

STEP 3 オフィスプランニングの検討

移転先オフィスが決定したら、具体的なレイアウトプランの検討に入ります。オフィス移転は、現オフィスの問題点を解決する絶好の機会です。より快適で機能的なオフィスレイアウトにするために、各セクションの責任者や従業員を対象にアンケート調査を実施するなどして、まずは現オフィスの使用実態を把握しましょう。そこから問題点を明らかにしたうえで、それらを解決できるレイアウトを考えるといいですね。

オフィスプランニングにあたっては、様々な意見が出されることが予想されます。意見集約と意思決定をスムーズに行うために、各セクションの責任者とそれらを統括する責任者を置くなどといった体制を整えておきましょう。

三幸ファシリティーズでは、オフィスプランニング・レイアウト図面のご提案を行っております。お気軽にご相談ください。

移転スケジュールの確認

オフィス移転について、どのくらいの時期にどのようなことをするのかというおおまかなスケジュールの一例をご紹介します。スケジュールの概要をつかんでいただく際の参考にしてください。なお、移転するオフィスの規模・人員・要件により、スケジュールは大きく変動しますので、個別の事例については、お気軽にご相談ください。

  • Page Top